4月1日、今年も新年度がやってきました。

毎年思うことですが、この時期は朝の通勤電車が急に混みだしますよね。
新入社員の皆さんが一斉に入社の時期を迎えるからなのでしょうか。

入社する人もいれば、同様に退職を迎える人もいて。
満開の桜とともに、世の中の移り変わりを意識する季節です。

新たに社会に出る人もいれば、
基本的には同じ数だけ、退職を迎える人もいるはずだとは思うのですが、
定年退職であっても、退職の時期というのは必ずしも「みんな一斉に」ではないからなのでしょうか。

一年かけて、気づかない間に電車に乗る人が少しずつ減り、
またこの時期に一斉に新人さんが増える、というサイクルを繰り返しているのか。

そんな他愛もないことを思いながら、本日出社しました。
来週には、春休みを終えた学生さんも加わって、更に電車が混むのでしょう。

さて、新年度。
私ども不動産業界に従事する者としては、実はこの時期忙しく…ないのです。実は。

2月3月は、皆さんご存じのとおり人の移動(異動)がピークに当たりますので、
不動産業界は賃貸・売買を問わず繁忙期を迎えます。

それがひと段落し、本日新入社員を迎え、部署の異動もあり、、、

会社の内部事情としては、昨日までで年度の区切りを迎えていますので、
経営陣のみならずいち営業マンにとっても、
ひとまず期の目標を達成した(できなかった人も?)と、
ほっと一息入れるタイミングなのでしょうね。人事部は別かもしれませんが(笑)

ほんのわずかな間、長くてもせいぜい一週間ですが。
お客様もひと段落することもあり、営業マンもちょっとひと段落しています。
もちろん、今日からバリバリ動いている人もいますが。

という事で、もし不動産屋さんに行く目的のある方がいらっしゃたら。
この時期に行ってみることをお勧めしてみます。
売りたい方買いたい方、貸したい方借りたい方を問わず。

比較的ほっと一息ついている営業マンが多いですが、
それは別にサボりたい、仕事したくない、という訳じゃないんです。
仕事の話があればもちろん喜んで対応します。

それが特にこの時期であれば、営業マンの心に余裕があるんですね。
今日別の部署や営業所から異動してきたばかりの人は別として。

ですから、いつもよりも親身で丁寧な対応が期待できる可能性が高いと思います。
普段が不親切という意味ではありませんので、どうか誤解のなきよう(笑)

かく言う私自身も、先週までの忙しさからいま少しだけ解放されています。
当社は別に3月末で成績の締めがあったりというスタイルではないのですが、
業界全体がそういうサイクルですから、どうしても年度末は忙しくなってしまいます。

ということで、しばらくサボってしまっていたコラムの記事を少し書こうかな、と思った次第です。

今日はちょっとした日記程度になりましたが、今後しばらく時間の許す限り、
当社のHPにお越しいただいた皆様に少しでもお役に立てるような、参考にしていただけるような記事を
数本書いてみようかと思っています。

もしよろしければ、またお立ち寄りください。

では。
今年度も引き続き、よろしくお願いいたします。

(堂田光治)